【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー専用機)

AMS-119 GEARA DOGA

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「HGUC ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー専用機)」のガンプラ素組みレビューです。

マッシブでプロポーションもよく、ディティールまで作りこまれた良キットで、素組みでも美しい成型色のおかげで引き締まった印象をうけます。

ギラ・ドーガ一般機よりも武装類が豊富なのもポイント。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)

フロント

ギラ・ドーガ一般機と同様、膝と肩付近に目立つあわせ目がありますが、全体としてマッシブかつスタイリッシュにまとまっており、手を加えずとも見ごたえのあるつくりになっています。

こだわるなら、肩部及びフロントアーマー下部バーニア内をレッドに、両脚のパイプをイエローに塗分ける必要があります。

サイド

シールドのエンブレムは色補填が必要で、こだわるなら脚のバーニア内はレッドに塗り分けを。

接地性がいいので、立ち姿がとても安定します。

リア

バックパックのスラスター内とバックパックの上下センサー部分はレッドに塗装が必要。

脚は上部は段落ちモールドになっているもの、下部は合わせ目が出てしまいます。

腰部ラッチにビーム・ソード・アックスの持ち手がマウントできます。

ディティール

モノアイは首のつまみを動かすことで可動。

こんな隠れる部分にまでモールドでディティールが施されています。

アクション

ビーム・マシンガンを構えてポージング。

左手の開き手は、ギラ・ドーガ一般機には付属せず、レズン機のキットにのみ付属します。

シールド裏にはシュツルム・ファウストとグレネードランチャーが忍ばせてあり、ディスプレイに幅がでます。

股下にアクションベース5を接続できます。

足裏は肉抜き穴がなく美しい仕上がりで、バーニアはレッドに塗り分けをすると完成度が上がります。

ビーム・ソード・アックスは順にアックス状、ピック状、ソード形状を選択可能。

ソード形状は一般機のキットには付属せず、レズン機のみに付属します。

もちろん、シールドに格納されているシュツルム・ファウストは手持ちにできます。

その他付属品等

ホイルシールはシールドのエンブレムとモノアイのみ。

頭頂部は余剰パーツで一般機仕様にすることもできます。

レズン機のシールドは付属のホイルシールではなく、別売りの水転写式ガンダムデカールにて色補填をしました。

エンブレム部分のイエロー以外は透明になるので、塗装派や成型色の色をホイルシールで損ないたくない方にはおすすめです。

画像の作例では、モノアイが光っている表現をするために別売りの「円形メタリックシールS」を使用しました。

比較

左:水転写式ガンダムデカール、右:付属ホイルシール

ギラ・ドーガ一般機と比較してみました。基本的なつくりは同じですが、ビーム・マシンガンの形状が異なります(上:レズン機、下:一般機)。

また、一般機のキットにのみ左手の握り手が付属し、逆にレズン専用機にのみ左手の開き手が付属します。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

タイトルとURLをコピーしました