【ガンプラ素組みレビュー】HGUC ガーベラ・テトラ

AGX-04 GERBERA-TETRA

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』より、「HGUC ガーベラ・テトラ」のガンプラ素組みレビューです。

ガンダムであることを偽装するためにジオン系の外装を取り付けたという背景もあり、ジオン系の丸みのある見ためながらガンダムタイプに特徴的な細身なスタイリッシュさを兼ね持つという、デザインの洗練さを楽しめるキットです。

色分けはほぼ手を加える必要なし、合わせ目も本体は目立ちにくいつくりとなっており、接地の安定性も優秀なので安心して組み上げることのできる良作です。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ

フロント

シンプルなカラーリングですが、パーツ分けやモールドで表情づけがされており、情報量が多めなので飾り映えします。

合わせ目も目立たないように設計されており、簡単に墨入れするだけで完成度高く仕上がると思います。

サイド

ショルダーアーマーとひじに合わせ目がでますが、他は優秀なパーツ構成のおかげでデザインに昇華されています。

肩部の巨大なスラスターが大迫力です。

リア

リアビューでも完成度の高さをしっかりと感じることができるつくり。

バックパックスラスター下部の裏打ちが特徴的でかっこいいですね。

ディティール

アクション

ビーム・マシンガンとビーム・サーベルを構えてポージング。

両手にしっかり保持できます。

シュツルム・ブースター

バックパックのパーツを差し替えることで、右の大型シュツルム・ブースターを装備可能。

合わせ目がまっすぐに目立つかたちで出てしまうので、こだわる方は合わせ目消し必須です。

フロント(ブースター装着時)

ブースターを装着しても、フロントビューはあまり変化なし。

2基のプロペラントタンクがチラ見えするくらいです。

サイド(ブースター装着時)

横から見ると、ブースターの大ボリューム感が楽しめます。

かなり大型ですが、しっかりと自立するのでディスプレイもしやすいです。

リア(ブースター装着時)

先端のアンテナは安全フラッグもなく繊細なので、折れないように注意が必要です。

ディティール(ブースター装着時)

アクション(ブースター装着時)

アクションベース5を使用してディスプレイすると、よりブースターの迫力が楽しめるディスプレイが可能です。

しっかり安定して飾れるので、大胆なポーズをとらせてもいいかもしれません。

その他付属品等

付属ホイルシールで[1]モノアイ(予備2枚つき)、[2]チェストアーマーのセンサー、[3]バックパックのセンサー、[4]前頭部のモノアイレール、[5]後頭部のモノアイレール、[6]ビーム・マシンガンのセンサーを色補填できます。

左右のビーム・サーベル用の握り手、右手のビーム・マシンガン用の握り手、左手の開き手が付属します。

ビーム・サーベルは2本付属するので、両手持ちも可能。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました